求人の多い期間工の仕事について

期間工とは自動車工場などの製造工場で短期間働く、契約社員のことです。派遣社員と違い、直接雇用となるので、途中で解雇される場合は手厚い社会保障が付きます。

派遣社員であれば、事前に契約で通知していれば、途中解雇しても問題は発生せず、社会保障もつきません。


期間工というのは専門的な技術職でもエンジニアでもないため、何年働いても技術が身につくというものではありません。製造工程の一部を担当します。

一度覚えてしまえば、単調な作業がほとんどです。

期間工の情報を見つけよう。

しかし、単調な作業を望む、簡単な仕事がしたいという人も多くいます。

工場は土日祝日休みがほとんどです。

残業は繁忙期には何時間かあるかもしれませんが、深夜まで残業させるということはありません。



プライベートな時間を資格取得の勉強や、スキルを身につけるために充てることもできます。趣味の時間にも使えます。

期間工は時給も高く、中には家電や寝具付きの寮を完備しているところもあります。

寮費は安いので貯金もできます。

夜勤があれば深夜割増でより多く稼げます。

期間満了すれば満了金を出すところもあります。

地方で働くより、短期間で稼ぐことができます。

ガジェット通信がどんなものかご存知ですか。

これまで期間工に見向きもしなかった大卒にも注目されています。
20代から30代までのフリーターが多いですが、年齢が50歳を超えていても採用する企業もあり、年齢はそれほど問われないようです。

確率は低いですが、大企業では正社員になるチャンスもあります。


最近ではインターネットで求人を募集する企業が増え、「期間工.jp」や「工場求人ナビ」、「モリモリ工場ワーク」、「SmartJobs」など工場の特化した求人情報サイトもあります。